腰椎分離症で半年以上苦しんだのが嘘のようと驚きを隠せない父親

腰椎分離症
この記事は約6分で読めます。

お父さん
「ええーーー!?もう痛くないんか!?
なんで!?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

《 腰椎分離症 》

中学生野球 硬式チームに所属している中学3年生

 

《来院経緯》

今年の1月に練習中に急に腰が痛くなり動けなくなり

 

1月〜3月頃までの2ヶ月間 練習を休みやっとのことで練習復帰をしました。

 

 

ですが、

 

 

9月に痛みが再発してしまったんですね。

 

 

前回と同じ様に練習を休みましたが1ヶ月以上経って

もなかなか復帰の目処が立たず…..

 

 

なかなか症状が改善しない状態で困っている時に、

 

チームメイトの紹介でここなら何とかなるから

 

一度行ってみては?

 

紹介され、来院して下さいました。

 

《分離症とは》

よく中学生や高校生のスポーツをしている子達が、

病院でよくこの腰椎分離症診断を受けますね。

 

ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。

 

 

「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習など

 

で繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こり、

 

 

一般の人では5%程度に腰椎分離症の人がいますが、

 

スポーツ選手では30~40%の人が腰椎分離症になっている

 

程非常に多い症状と言われています。

 

 

今回の中学生も、小学校の頃からスポーツをしており、

 

特に腰への負担の多い野球をしていました。

 

 

《症状》

軽く走る、バットを振る、と強い痛みが出ている状態

 

「では、最初に身体の動きを診ていくので少し脚を開いて前屈をして下さい。ちょっと硬いね〜次はお尻に手を当てて後ろに反らしてみようか、………..」

 

お父さんが思わず、

 

 

硬っ! 
「ホンマにそんだけしかいかへんのか!?」

 

 

 

ほとんど直立の状態で首だけ反っている状態なのに、本人の顔は痛みで歪んでいました

 

 

 

「 なら次は身体を捻ってみてくれるかな。」

 

 

 

片方だけ半分で止まり

 

 

 

 

「これもだいぶ腰が痛いです

 

 

 

「ほんとだね、だいぶ痛そうやね。次は横に倒そうか、これはどうかな?」

 

 

 

これも結構腰が痛いです….

 

 

 

お父さんは苦笑い

 

 

 

うつ伏せになり脚の長さも検査しましたが、1センチ以上長さが違い

 

 

筋力テストでも力が入らない状態でした。

 

 

1ヶ月以上練習を休んでいてこの状態は、

 

だいぶ我慢をしてプレーをし続けたか、

 

1月のぎっくり腰が完全に治りきらないまま

 

プレーをし続けていたのでしょう。

 

身体がガチガチに緊張している状態でした。

 

 

 

《施術》  

○脳反射刺激療法

 

 

「では、今から脚の長さを元に戻しますね〜」

 

 

5秒ぐらいちょこちょこ身体を触って

 

 

「今長さが左右一緒になったの分かりますか?」

 

 

「え!!?なんで???」

 

 

「ではこれで力をチェックしますね〜」

 

 

「うわー!入ってる!」

 

 

「これで立って、身体の動きを診ていきますね。前屈 さっきより曲がってるね。では後屈はどうかな?」

 

 

 

先程とは見違えるほど反れる様になり

本人

さっきより反りやすいし、全然痛くないです!!」

お父さん

ええーーー!?痛くないんか!?何で??」

人って

予想以上の事が起こった時は

軽く笑みが溢れます(笑)

そのあと

本人の顔から笑顔が戻りました(^^)

先ほどまで痛くてほとんど動かせなかった

 

後屈も、

 

捻りも、

 

側屈も、

 

ほとんど痛みが無くなりました

 

 

「お父さん、まだ治療はこれかが本番なので、まだまだ良くなりますよ(^^)」

 

 

 

☆当院の治療はここからが他院と違います。


筋肉の動きを良くし、身体の骨軸を整えます。

そして更に脳からの神経伝達を円滑に行えるようにします。

 

 

、運動をする上で一番大事な所が 連動性です。この連動性は 

 

①身体の軸が整う事(骨軸)


②神経から筋肉への伝達がスムーズに行える事

 

これが必要不可欠です。

 

 

痛みがなくなっても、この2つが揃わなければ再発を繰り返したり、

 

何年間も痛みが変わらないという事になってきます。

 

 

特に腰椎分離症の場合、

 

骨への負担が少しづつ積み重なってきますので動きの連動性を高くし、

 

骨への負担を減らし、尚且つ血流も良くしてあげる事が早期改善へとても重要です。

 

 

 

本治療に入り、

 

 

①身体の軸を整え②神経伝達を回復させる事により、

 

バットも振れる様になり1回目の治療は終了

 

 

 

2日後

 

2回目の治療に来て頂き、更に身体の軸神経伝達を円滑に行える様にし、

 

 

全力でのダッシュも素振りも出来る様になりました。

 

 

 

今回の症状は、

 

痛みがなくなったからプレーをしても良いと思い

 

完治しないままプレーし続け、結果 身体を酷使し続けての再発だと思われます。

 

 

 

当院にはよく野球をやっている小中高校生が来てくれますが、彼の様に中学生の時に腰を一度痛めた経験のあったり、痛いけどプレーには支障がないとプレーをし続けている選手は、必ずと言っていい程高校一年生の時に野球ができなくなるぐらいの状態になっています。

 

 

 

その状態からでも復帰は可能ですが、

 

 

中学生の時に身体ののメンテナンスをしっかり行い、

 

しっかり動ける状態で高校に入るとあまり痛めることなく

 

高校3年間を過ごせる様になります。

 

 

 

野球留学で怪我の心配

高校3年間怪我のないようにプレー

出来るかなどの不安がございましたら、

 

遠慮なくご相談下さい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました